テーマ:フランス料理

コーダリー(湯島)

湯島のフレンチレストラン、コーダリー。 (写真は、当日のメイン、本日のお魚の料理です。) 今回は、友人の結婚をお祝いするため、私がお店を手配することになりまして予約しました。 平日の夜に、結婚する二人と、友人との四人での楽しいディナーです。 デザートについては、是非オリジナルのものをお願いしたいと思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「超美食鈍行列車」

私がフランス料理を知るきかっけとなったのは、「エピキュリアン」 という本です。東京フランス料理店ガイドです。 見田盛夫さんの編著であり、2000年8月末日までの調査を行った版が 最終となっています。 私は、そのシリーズの最終版を知人から紹介され、フランス料理に 興味を持ちました。 主にその本で紹介されているBis…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グエン(大門)

大門周辺のランチで、1,000円フレンチというと、こちらNGUYEN(グエン)。 一軒家のようなお店で、2階に禁煙席あり、ランチのパンは自家製(おかわりも自由なんです)、ときますと嬉しい限りです。 本日のランチは、お肉かお魚を選択できて、スープ、コーヒーもしくは紅茶が付いて1,000円。 友人とお話しながらのラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近とっても気になるお店(虎ノ門)

「是非、近いうち行ってみたい!」そう思っているお店を紹介します。 行かれたことのある方は、是非、“どこがお気入りか?”教えてください。 虎ノ門にあるSalle à manger de HIsashi WAKISAKA (サラマンジェ ド イザシ ワキサカ) です。 http://salle-a-manger.de…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Croquant d’or (クロッカンドール)(西荻窪)

西荻窪は大好きな街の一つ。 先日、チャンスがありまして西荻窪へ。ビストロの新規開拓が出来そうな状況でしたので、このチャンスでランチに行ってきました。 お店の名前は、Croquant d’or。フランス語で、黄金の焦げ目という意味のようです。 980円のランチをいただきました。 メイン、サラダ、自家製パン(コッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・ブランシュ(青山)

イチゴと練乳、カステラと牛乳、蜂蜜とヨーグルト、豚肉とトマト、かぼちゃとミョウガ。 Ça va bien ensemble!(とってもあう!)な組み合わせ、ありますよね? ジャガイモと鰯(いわし)もとってもあう組合せですよね? 青山のラ・ブランシュ田代シェフのスペシャリテの一つ、ジャガイモと鰯の重ね焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レストランヒロミチ(恵比寿)

恵比寿駅からレストランまでの道がまずわくわくします。 店は綺麗で可愛らしく、店内から外の景色も良かったです。 白を基調にピンクのアクセントが効いた店内はとてもエレガントでした。 赤坂シュマンのシェフだった方が独立して始めたお店だそうです。 軽めのランチコースをいただきました。味付けも盛り付けも丁寧です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

LE LION(恵比寿)

一人でも気軽に入れるお店ということで、ランチに利用しました。 周りを見ると、女性三人、女性二人、男性二人、男性三人といった具合で、同性同士のテーブルばかりでした。美味しいものを仲間で楽しむ、そんな普段使いの出来るお店のようです。 写真はランチの鳥の煮込み(1,000円)。プチ前菜、バケット、コーヒーが付きます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

LE TRAIN BLEU(神楽坂)

日仏学院の仲間と授業の後に行って来ました。以前からお店の存在は知っていましたが、はじめての訪問。 牛込神楽坂駅すぐ近くにあるLE TRAIN BLEU岩戸町店。ワインバーです。リーズナブルなのに、外観もお洒落で、中の雰囲気も良く、くつろげる素敵な空間でした。 当日は8人でフランス談義。Vouvray Cuvee Tr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーダリー(湯島)

この店との出会いについては、見田盛夫さんに感謝。彼の著書である東京フランス料理店ガイド「エピキュリアン(平成13年11月発行の最終版)」に導かれました。 当時ソフィテル2Fにあったレストラン、プロヴァンスが紹介されていたのです。“いつか行こう、いつかきっと・・・”と思うこと数年。しかし肝心なソフィテルがなくなってしまいまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Le Bel Echo(信濃町)

Le Bel Echo、フランス語で“きれいな響き”という意味。 その名の通り、ソファーのあるエントランス、丸いテーブルが並んだレストランスペースと、楽しい声とフォークとナイフの音が綺麗に響いています。 オーナーのさりげないサービスがとても心地よい。丸テーブル同様、角のない、ストレスのない、楽しい時間を過ごすことに徹する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Benoit(表参道)の床

今はなき青山のBenoit。雰囲気がとても素敵なレストランでした。 エレベータを降りた時からわくわく出来る、そんなレストランでした。 それだけに、親会社の関係での閉店はショック。 綺麗な美味しい料理とともに、なぜか大好きだったのが、Benoitの床。 レストランの床はとても気になります。なかでも、木で出来た床…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバカナル(品川)

プライベートな時間を過ごすには最適。 読書をするも、書き物をするも、考え事をするも、甘いものを存分に楽しむも良しな空間です。 フォークとナイフで一人でも楽しくなれる場所。 ほんの30分でも、上質な自分へとモードを切り替えられる空間はいくつでも欲しい。大事にしたい空間です。 写真は、アプリコットのタルト(T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・ブランシュ(青山)

青山はラ・ブランシュ、大好きです。 エレガントなシェフ、使い込んだ木の床、シェフ直筆のメニュー、活気あふれる厨房、抜群のチームワーク、20年間の営業で刻まれた存在感・・・。 何をとっても嬉しくなる、客から愛され続けているレストラン。 そして本当に美味しい料理。 スペシャリテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more