「デトロイト美術館の奇跡」原田マハ

2020年に入って、原田マハさんの作品が流行ってます。

今年初めに読んだのは「デトロイト美術館の奇跡」。

フレッド・ウイルの妻であるジェシカが、「アートはあたしの友だち。だからDIAは、あたしの「友だちの家」なの。」とフレッドに言った言葉が非常に印象深く残っています。

DIAはDetroit Institute of Artsの略称。DIAにも行ってみたい。美術館に自分の友だちになる美術作品があるかも知れない、そう思いながら美術館を訪ねたことはないので、すぐに近くにある美術館へ行きたいとも。

また、妻の友人を大切にする夫、そこもまた良くて。ジェシカの友だちはポール・セザンヌのマダム・セザンヌという絵。その絵からこのような小説ができあがるなんて。原田マハさんの作品をもっと読みたいと感じたのでした。

キャーラさんのあじフライリスト1

テレビ東京で『世界!ニッポン行きたい人応援団』という番組がありました。
イタリア人のキャーラさんが、アジフライに見せられて日本に来日したというもの。

「おいしっしも!」陽気なイタリア女性がアジフライを極める:世界!ニッポン行きたい人応援団
https://news.line.me/articles/oa-yomutxcom/be785bd147ad


「連載Dの感謝」陽気なイタリア人女性がアジフライを極める!:世界!ニッポン行きたい人応援団
https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/entertainment/entry/2018/017987.html

その番組では、キャーラさんがとくにかくアジフライを愛していて、
その一途さと、アジフライに関わるすべての人をリスペクトしているそのl姿が大変魅力的でした。

もう、キャーラさんのファンになってしまいました。
そして、その中で取り上げられたお店も素敵な店ばかりで一度は行きたいリストに加わりました。

①京ばし松輪
東京都中央区京橋3-6-1 秋葉ビル B1F
03-5524-1280
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13014384/


千葉に専用の生け簀があること、そして鮮度を保つ背開き法などなど、
あじフライを外から見ていてはわからない徹底ぶりを見せられると、食べたくなります。
価格も1300円であじフライ定食が食べられるようで、一度行ってみたいです。

②-1 日本酒 弘大 (ニホンシュ ヒロシダイ)
大阪府大阪市福島区福島4-4-39
06-6448-1155

姉妹店
②-2 弘大Z (ひろしだいゼット)
大阪府大阪市福島区福島5-13-3
06-6147-5556

アジの血抜きをして鮮度と臭みをとる手間暇かけているところを見ると、
血抜きすることでどこまで味が違ってくるのか、大変気になりました。
また、魚全般に同様の手間暇をかけていること、
家族経営の居酒屋で居心地の良さも伝わってきたこと、それら含めて魅力的です。
大阪へ行く機会があったとき、是非訪れてみたいです。

続く

コーヒーハウス ニシヤ(COFFEEHOUSE NISHIYA)(渋谷)

コーヒーハウスニシヤ。あぁ、行きたいです。
やっぱりとても魅力的です。

街に溶け込んでいる立地が良いです。
何かのついでに寄るのではなく、目指して行く場所にあるのが良いです。

店主が良いです。
facebookで語っていること、お店に行って感じる距離感、とても居心地が良いです。

何より、サービス、メニューが魅力的です。
すべて制覇してみたい、そう思わせるメニューです。しかし、毎回同じ物を頼んでしまう。
何度も通うしかないです。

あぁ、行きたいです、コーヒーハウスニシヤ。

コーヒーハウス ニシヤ (COFFEEHOUSE NISHIYA)
東京都渋谷区東1-4-1 尚豊ビル 1F
03-3409-1909
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13160517/