アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「言葉」のブログ記事

みんなの「言葉」ブログ


中野優理香さん

2017/06/05 22:29
JAXA(宇宙航空研究開発機構)の中野優理香さんの講演会を聞いてきました。

中野さんは、「きぼう」の管制チームをまとめる統括官として、
宇宙飛行士の大西卓哉さんの国際宇宙ステーションでの活動を地上から支援していた方の一人です。

講演の中では、アポロ13号の飛行管制主任ジーン・クランツ氏の10か条が紹介されました。
JAXAの皆さんもこの10か条を掲げ、実践しているそうです。

私にとっては非常にハードルが高いですが、大変参考になりました。

1.Be proactive(先を見越して動け)
2.Take responsibility(自分の担当は自ら責任をもて)
3.Play flat-out(きれいになるまでやり通せ)
4.Ask questions(不確実なものはその場で質問をして把握せよ)
5.Test and validate all assumption(考えられることはすべて試し、確認せよ)
6.Write it down(連絡も記録もすべて書きだせ)
7.Don’t hide mistakes(ミスを隠すな、仲間の教訓にもなる)
8.Know your system thoroughly(システム全体を掌握せよ)
9.Think ahead(常に、先を意識せよ)
10.Respect your teammates(仲間を尊重し、信頼せよ)

このうち、2、3、10についてフォーカスしたお話があり、
それぞれのポイントが示されました。

2.Take responsibility(自分の担当は自ら責任をもて)
@チームでの自分の役割を理解する
A自分の担当は自ら責任を持つ

3.Play flat-out(きれいになるまでやり通せ)
@チームが向かう最終目標を明確にする
A想定外ではだめ、what if(もし何々だったら)の検討を念入りに

10.Respect your teammates(仲間を尊重し、信頼せよ)
@相手のおかれている状態を正しく理解する
A交渉の妥協点を準備しておく

これから、一つでも多く実践していきたいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


竹西寛子(小説家)

2017/03/05 00:55
「国語の時間」(河出文庫)という本に出会いました。

竹西寛子さんの本です。

自分自身が、“言葉を操り切れていないなぁ”
“もっと上手に文章を書くには、もっと正確に自分の思いを言葉にして人に伝えるにはどうしたらいいのかなぁ”
と常に思いますので、色々探している中でこの本に出会ったのかもしれません。

一日に一度だけでもよい、言葉で生きる人間を意識する時間を持ちたい−。
日常の言葉遣いが、その人の生活の基礎を作る。考え方、感じ方の土台になる。

などなど、竹西寛子さんの言葉が、自分に響きました。
一つのテーマについて、3ページ程で語られ、読みやすかったのと、
吟味された言葉が並び、読む心地よさがありました。

自分も竹西寛子さんのように学びを続けて、
自分の考えや思いを伝えられる言葉遣いを目指したいと思った次第です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ケリー・マクゴニガル

2017/02/19 14:16
毎日新聞を読んでいたら、興味深い記事を見つめました。

2017/2/8の朝刊「水説」の中の記事です。

「ストレスはあなたの力となります。学び成長するのに必要な生物的な反応なのです」
と語る女性学者がいることを紹介していました。

米スタンフォード大で健康心理学を教えるケリー・マクゴニガルさんです。
彼女の講演を聞いた論説委員が次のように紹介していました。

彼女によると、

「この状況は自らの成長を助ける。まず、そう自分に言い聞かせてください。
そして、ある種のサインだと考えるのです。問題をしっかりと受け止め、やるべきことに集中し、
解決に向けて実行に移すためのサインです」と。

強い精神的負荷にさらされて働く中高年のうち、
「自分で仕事をコントロールできていると思う」というグループの死亡率は平均より34%低かったという事例。

また、リーマン・ショック後の金融関係者に「ストレスを前向きにとらえよう」と伝えると、
気持ちが楽になって能率が上がったというエール大の研究などを紹介し、根拠を示している。

そして、具体的な対処法として、

「強いストレスを感じるのは人とつながり、だれかの助けを得たいというシグナルです。
弱さを見せ、同僚や友人、あるいは家族と一緒に取り組む勇気を持ちましょう」

「あるいはストレスに負けそうな時、逆に困っているだれかに手をさしのべてください。
不思議なことに、あなたの中に力がわいてきます」と。

こうした他者とのつながりを求めるストレス対処法を「希望の反応」と名付けているそうです。

何となく、ストレスへの対処法を学んだように感じました。
また、健康心理学という分野にも興味を持ちました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鉄腕アトム

2017/02/04 00:35
空をこえて ラララ 星のかなた

ゆくぞ アトム ジェットの限り

心やさし ラララ 科学の子

十万馬力だ 鉄腕アトム

アニメ「鉄腕アトム」の主題歌ですが、この作者、谷川俊太郎なんです。

先日「谷川俊太郎 質問箱」なる本を読みまして、作者プロフィールを見たらこのことが。

何かすごい発見をした気分になりました。

どういう順番でこの歌はできあがったんでしょうか、気になります。

メロディーが先だったのか、歌詞がさきだったのか・・・。

この歌、4番まであるみたいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


みうらじゅん(スクラッパー)

2017/02/04 00:23
スクラップ。

この言葉を聞くと、心が躍ります。

私は、美味しいお店だったり、洋服だったり、心に響く言葉だったり、

そういったものが雑誌や新聞にあると、切り抜いてノートやスクラップ帳に貼るのが大好きです。

そして、みうらじゅんは、スクラップに関しては“スクラッパー”と自称するだけのことはある、
スクラップ愛、生活の一部となっている点で、非常に魅力的な人だなぁと感心してしまいました。

そして、アナログ好きなところにも共感。

思わず、スクラップ帳とのり(アラビックヤマト)を手配してしまいました。

詳しくはコチラ

スクラップの技術、手帳の使い方の発想、面白いです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「ステーキ・レボリューション」(映画)

2017/02/04 00:08
気になります。

魅力的な題名。

この活字が、自然と自分の目に飛び込んできました。

これは観るしかないです。

“知ることは料理を美味しくする隠し味だ”、の広告。

ん〜、「ステーキ・レボリューション」を見たくてたまらなくなってきました。

メモ帳も持参しようかと。

見終わったら、ステーキを食べに行きたくなるみたいなので、
綿密に計画をたててみたい作品です!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「類語国語辞典」

2017/01/09 07:44
類語国語辞典」大野 晋 (著), 浜西 正人 (著)

ある事柄をうまく表現するにはどの語を選べばよいか。
似た語の意味の違いはどこにあるか。言葉を意味別に分類体系化した文章宝典。

この辞典が今一番欲しいものです。

文章を書くとき、同じことを言うのに、どうしても自分の語彙力では伝えきれない、
置き換えられる言葉がないかなと思うことが多くあって、探していました。

それと、著者の一人である大野晋さん。
日本語練習帳 (岩波新書) 」だとか、
丸谷さんとの共著「日本語で一番大事なもの (中公文庫) 」なども書かれていて、気になる人です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「1%の力」鎌田實

2016/10/28 02:05
bookノートを読み直していたら、
「1%の力」鎌田實(河出書房新書)の言葉メモが非常にささりましたので。

(P.22)

幸運を想像していることが大事。
人生は、半分は錯覚と誤解でできています。
自分は運がいい、と思い込むことが運のいい人になるための大原則。

(P.23)

「すべての優秀なるものは陽気だ」(ヘミングウェイ)

「人間は負けるようにできていない」(ヘミングウェイ)

(P.31)

可能性がゼロでも、まず始めてみる。
いいコトが連鎖し始めるのです。
負けないと決めている人は、負けないのです。

(P.40)

「便所の101ワット」。ただのムダな明るさではなく、
100ワットにもう1ワット加わると輝きが違ってきます。
人生が美しく輝いてくるのです。これがいい。
人生はどれだけ、力強いムダがあるかが勝負なのです。

(P.88)

「もう一人の自分」を持ってください。強くなります。
人間の命は長さではありません。
その人の生き方が美しいかどうかが大事なのです。

(P.100)

どう生きたらいいのか見えてこない時は、
まず周りにいる大切な人のために生きてみて下さい。
なんとなくマンネリになっている人間関係に、もう一度気合を入れて、
子供のためにとか、親のためにとか、本当に好きな人のためにとか、
優しさを注ぎ込んでみるのも一つの生き方です。

(P.103)

自己肯定感を持ちつつ、
これじゃダメだと思う自己否定ができる人間が飛躍できるのです。
これは生きるための技術。技術と哲学の両方が必要なのです。

(P.110)

もっと自分を変えたいとか、もっとおもしろく生きたいとか、
そこに「あと1%」が関係しているのです。

(P.111)

人生の半分は錯覚と誤解で成り立っています。
どれだけいい錯覚や誤解を与えてあげるかが、
人生の途上においては大事なのです。

大切なのは人生の最終テスト。これに合格すればいいのです。
人生途上のテストはすべて中間テスト。
人生を飛躍させるためにあるのです。
中間テストの失敗は取り返しがつくのです。

(P.136)

1%の可能性は不思議です。
「1%しかない」と思わず、「1%もある」と思い、何かをすると通じあえるのです。

(P.150)

優しさとは他者への想像力なのです。

(P.152)

心を変える前に、とにかく1%、行動パターンを変えることが大切。
心だっていつかは変えられる。そう信じています。

(P.179)

人生を終える時、残るものは、自分が集めたお金や物ではありません。
自分がどれだけ誰かのために何かをしたかです。
これが生きるためにとても大切なことです。

(P.212)

「まず1%」「1%ずつ」「1%なら」「あと1%」が僕の人生を変えました。

(P.213)

ほぼ完成と思った時、「あと1%」何かを加えたら物語が生まれた。
「あと1%」が大切だと学びました。100%を超える喜びを知りました。

「あふれるほどの1%」という別解が見つかり始めました。

1%が誰かのために生きてみて下さい。

1%は小さいけれど、とてつもない力を持っている。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「桜の下で待っている」彩瀬まる

2016/09/13 23:05
“モッコウバラのワンピース”
“からたち香る”
“菜の花の家”
“ハクモクレンが砕けるとき”
“桜の下で待っている”

どのお話も、東北へ電車で出かけていく、旅をしたくなるお話。
そして、どんなお花かなと気になる花が出てくる。

花巻駅近くのマルカンデパートの最上階の大展望レストランって、
本当にあるのかな?行ってみたい!

(P.161)
「そうだね。でも、短いならなおさら大事にしようって気がしてね。
長くっても短くっても、ちゃんと咲いだんだがらねえ」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「空中ブランコ」奥田英朗

2016/09/13 22:58
「イン・ザ・プール」を読んで面白い作品だなと思っていたので、
同じシリーズとして精神科医伊良部のお話をまた読んでみました。

自分では気が付かないうちに、自分のパフォーマンスが狂いだし、
伊良部総合病院へ行く、そんなストーリーが続きます。

自分で作ってしまっている壁、やり方、
自分はこういう人間なんだといった決めつけ、
一般的に良いとされることを自分にとっての良いことと勘違いして無理してしまったり、
そんなことで自分で自分自身を傷付けてしまう、
そんなこと止めようよと言われているように感じた作品でした。

(P.162)
「人生、長いよ、今のうちに吐き出すものを吐き出しておかないと」

(P.171)
「おれ、思うんだけどさあ。体裁を取り繕うって人を生きにくくしない?
開けっ広げの人間の方が絶対に楽なんじゃない?」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
「五郎丸語録」五郎丸 歩(読書)
「五郎丸語録」五郎丸 歩(ぴあ) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/07 06:07
「俳優のノート」山崎努(読書)
「俳優のノート 凄烈な役作りの記録」山崎努(文芸春秋) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/07 05:55
カフェの本棚
カフェの本棚 カフェの本棚シリーズ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/01 14:06
森山佳郎
森山佳郎。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/24 23:46
子どもの言い訳
子どもの言い訳が面白い特集。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/01 18:18
スガシカオさん
『プロフェッショナル 仕事の流儀』が好きで、興味のある人物の時にはよく見ています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/27 23:50
久保田五十一(くぼたいそかず)さん
久保田五十一(くぼたいそかず)さん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/27 23:19
おむすび語源
「おむすび」の語源が気になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/06 22:59
ザ・プレミアム・モルツ(CM)
ザ・プレミアム・モルツ(SUNTORY)のCM。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/30 22:59
村上さんのところ
新たな年に、新発見。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/30 22:15
ほぼ日より
ほぼ日のサイトで、少し面白い記事を発見しましたので抜粋です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/21 00:00
落花生(らっかせい)
最近、野菜栽培に興味がありまして、 師匠の一人に落花生の栽培方法を教えてもらいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/28 05:56
「世界の果ての通学路」(映画)
朝日新聞の天声人語で紹介があった「世界の果ての通学路」(映画)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/22 06:06
スニーカー
スニーカー お気に入りのadidasのジョギング用スニーカー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/04 08:29
宮崎駿さん
NHK「仕事の流儀」の特番を見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/01 07:44

トップへ | みんなの「言葉」ブログ

モンジュール Le collage de 76 言葉のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる