竹西寛子(小説家)

「国語の時間」(河出文庫)という本に出会いました。

竹西寛子さんの本です。

自分自身が、“言葉を操り切れていないなぁ”
“もっと上手に文章を書くには、もっと正確に自分の思いを言葉にして人に伝えるにはどうしたらいいのかなぁ”
と常に思いますので、色々探している中でこの本に出会ったのかもしれません。

一日に一度だけでもよい、言葉で生きる人間を意識する時間を持ちたい-。
日常の言葉遣いが、その人の生活の基礎を作る。考え方、感じ方の土台になる。

などなど、竹西寛子さんの言葉が、自分に響きました。
一つのテーマについて、3ページ程で語られ、読みやすかったのと、
吟味された言葉が並び、読む心地よさがありました。

自分も竹西寛子さんのように学びを続けて、
自分の考えや思いを伝えられる言葉遣いを目指したいと思った次第です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント