私の食器棚(伊藤まさこ)

伊藤まさこさんの「私の食器棚」を読む、というか見ました。

とても魅力的な人が出ていたので調べてみました。

①長嶺輝明

カメラマン
著書『長嶺輝明の「かわいい」写真術』

本の中では、部屋の中には沢山の壁掛け時計が。
東京、パリ、NY、ロンドンの時間がわかるようにいしている、でもあまり役立っていないと・・・。
そのあたりが面白いなと。著書を覗いてみようと思います。

川内倫子

カメラマンではなく、写真家とありました。
「うたたね」という作品があるとのことで、興味を持ちました。
全く関係ないと思いますが、「うたたね」という劇を見た記憶が蘇りまして。

著書「the eyes,the ears,」「cui cui」「りんこ日記」

井藤昌志

オーバルボックス、トレーなどを作る木工家

トレーに魅せられまして、実際の品を見てみたいと思いました。
本に、奥さんが作られた手作りパンが、ぎられて乗せてあったあの姿が
とても良く、見てみたい、使ってみたいです。

④宮脇彩

エッセイスト
編書「宮脇檀旅の手帖
宮脇檀(みやわきまゆみ)(建築家、エッセイスト)の娘であるようで、
その宮脇檀は「最後の昼餐」といった本を残しています。
この本も面白そうです。

⑤大井幸衣

n100というアパレルブランドを運営
100年経っても好きなもの、もしかしたら変わらず着ているかもしれないものだけを、
こつこつ作り続けたいという願いをこめてn100(エヌ・ワンハンドレッド)という名前を付けたそうです。
素敵なコンセプトだなと思いまして、メンズがあれば見てみたいと思いました。

⑥鈴木潤

子どもの本専門店メリーゴーランド京都店店長
どんなお店なのか、四日市にもあるようですが気になります。

⑦石村由紀子

雑貨店兼「くるみの木」やゲストハウス「秋篠の森」などを切り盛りするオーナー
本の中で、庭でとれたローズマリーを乾燥させ袋に詰め、ゲストハウスのお風呂に・・・といった紹介があり、
自分の畑でとれたローズマリーもそうやってみようと思わせてくれました。
奈良にあるそうで、ちょっと行くのは難しそうですが、チャンスがあれば。

⑧伊藤まさこ

この本の著者
料理や雑貨などテーブルまわりのもののスタイリスト
著書が「おくりものがたり」「東京てくてくすたこら散歩」「ならいごとノート」など多数です。
リンク先の本を読んでみたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント