「彼女のこんだて帖」

「彼女のこんだて帖」角田光代(講談社)

今年初の読書は、「彼女のこんだて帖」。

美味しそうな本、との何かのコメントに魅せられて、購入。

確かに、15の一つ一つのお話には、料理するシーンが出てきて、
巻末にはそのレシピも。

15のショートストーリーでありながら、各話の登場人物が繋がっていて、
ちょっと楽しい。

一つ一つのお話では、7回目のこんだて(第7話のこと)の
“ピザという特効薬”がとても印象的でした。

ダイエットで、美味しいという感覚をなくした妹のために・・・。
良いお話でした。

是非、読んでみて下さい。感想を聞かせて下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント