青い空&青い海(MENTON)

画像

この季節になると思い出します。

南フランス、コートダジュール。

イタリアとの境にある街、マントン。

そのマントンの海は、綺麗な青色でした。

列車でマントン駅で下車して、降り立つ駅のロータリーにはレモンの木が並んでいました。

日本ではイチョウの木から銀杏が路上に落ちているように、マントンではレモンが路上にぽつぽつと落ちていました。

調べるとレモン祭りなるものもあるようで、爽やかな黄色の出迎えに心躍りました。

マントン駅から坂を下って行くと、見えるのが海です。

日本の海の色とは全く違うその色は、あの空気と光があってこその色なのだと思います。

そして、プロヴァンス料理を、地元のワインで楽しみ、海を楽しみました。

夜になっても、まだまだ明るいマントンの街で海を楽しみながら海岸沿いを散歩しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ex-voisine
2011年05月22日 15:42
癒されるブルーだね…。ヨガの瞑想で「今まで見た一番綺麗な青空を思い出してください」っていう導入があったりするんですが、私も南フランスの空を思い出しています。海辺のカフェでシャンパンかなんか飲みたいな…。
monjour
2011年05月22日 22:23
ex-voisine(元隣人)さん、コメントありがとうございます。
そうなんですよ、あの空は現地で見るのが最高ですよね。
それが、海辺のカフェだったら、更に良いですね。
私は、白身魚のソテーとグラスワイン(白)に集中した後、デザートをいただきながら、改めて青い空を見る・・・、そのプラン希望です。