パオーン(擬音語)

最近、「像がどう鳴くのか?」どうしても知りたくて、友人に聞いてみました。

その答えは「パオーン」でした。

次に、インターネットでも「パオーン」について色々調べてみると、
面白いことがわかりました。

それは、「パオーン」と「トランペット」との関係です。

英語のtrumpet、次の意味があるんですね。

名詞ですと、“トランペット”の意味の他に、“らっぱの(ような)音”、
“(象などの)らっぱのような鳴き声”という意味です。

動詞ですと、“らっぱを吹く”の意味の他に、
“(象などが)らっぱのような声を出す”、という意味があるんですね。

ということで、像の鳴き声がわからなくなったら、
トランペットのマネをすれば良いんですね。

次の課題は、ひつじとヤギ。

こちらは同じ鳴き方なのでしょうか?
どちらも、「メエメエ」で良いのでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント